学生の皆さんへ

明るいスタッフと働き
くわのみマインドを体験しよう

くわのみでは、大学生や看護学生など様々な分野で学ぶ学生を対象に、
インターンシップや実習の受け入れを行っています。
また、学生と共にイベントを企画するなど若い力をまちづくりに生かす試みを続けています。

インターンシップの受け入れ

期間|毎年夏〜秋頃

福祉やまちづくりに関心のある学生を中心に大学生インターンシップの受け入れを行っています。
宿泊場所の提供や交流会など楽しく、充実した期間を過ごせるようサポートします。

過去のインターンシップの内容

  • くわのみスタッフへの仕事のやりがい調査などインタビュー
  • 新規事業のためのリサーチ、モデル事業の考案とプレゼンテーション
  • 岩村地域の住民、観光客へのニーズ調査

受け入れ実績|南山大学、名古屋大学、愛知淑徳大学、杉山女学園

看護実習生の受け入れ

期間|毎年6月頃〜8月頃

くわのみ訪問看護ステーションでは毎年、多くの看護実習生を受け入れ、看護師の育成に寄与しています。

受け入れ実績|岐阜大学看護学部、中京学院大学看護学科、県立多治見病院付属看護学校

近隣の学校の福祉体験受け入れ

期間|毎年9月~10月頃

学校で行っている福祉体験実習の受け入れを行っています。「福祉の楽しさ」を感じてもらえるよう様々な工夫を行っています。詳しくは所属の学校にお問合せください。

お問い合わせ

耕グループ本部 TEL 0573-43-5077

学生たちとの繋がりで生まれたプロジェクト

サバ煮付復刻販売

プロジェクト

くわのみでインターンシップを経験した学生たちとのまちづくりプロジェクト。「岩村の台所」として手づくり惣菜などを販売していたカネニ商店の看板メニュー「サバ煮付」の復刻、販売を通して、地域住民の憩いの場作りにつなげようという試みです。
インターン終了後も岩村に通い、地域と積極的に関わりながらプロジェクトに取り組んでいます。

カネニ食品再生プロジェクト

電車道まつり

五円饅頭復刻販売

プロジェクト

40年前の岩村の銘菓、松屋の五円饅頭の復刻に取り組んだプロジェクト。五円で売られていたことから「五円饅頭」と名付けられたと言われ、田んぼ仕事のお茶うけとして親しまれたこの饅頭。中京学院大学の学生と共に復刻に取り組み、岩村町飯羽間の電車道まつりで販売をしました。
思い出に浸る事の素晴らしさや懐かしさが紡ぐ地域の絆を肌で感じる事ができました。